メニュー

口腔外科

顎関節症の治療 親知らずの外科的抜歯など

当院でおこなっている口腔外科的治療について

当院では、顎関節症や、水平に生えている親知らずの抜歯などの口腔外科的治療をおこなっています。

顎関節症の治療

歯並びが悪かったり親知らずがまっすぐに生えなかったり、あるいは自分のあごの動きに合わない詰め物を入れていたりすると、かみ合わせにズレを生じます。かみ合わせがズレたままでいると、無理な状態で噛むことにより、あごの関節やあごを動かす筋肉に負担がかかり、その結果、筋肉が疲労して様々な症状が現れます。このかみ合わせのズレによって、あごの関節の痛み、雑音、肩こり、片頭痛、めまい、耳鳴りなどの症状が発症します。当院では、カウンセリングを行い原因となる要素の改善について指導します。必要があれば顎の位置を変えるマウスピースの作成も行います。

水平に生えている親知らずの抜歯

親知らずの抜歯大学病院などの大きな病院に行かなければできなかったような、外科的手術も、専門医が当院で対応可能です。入院が必要なケースなどは連携病院を紹介します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME