メニュー

一般歯科

虫歯の治療 親知らずの治療 歯周病(歯槽膿漏)の治療 入れ歯など

虫歯の治療について

当院では、虫歯の進行程度によって、下記のような治療をおこないます。

虫歯の状態が浅く欠損の小さい場合

虫歯の状態が浅く欠損の小さい場合
虫歯になっている部分を取り除き、レジンという白いプラスティックの詰め物をします。治療は一日で終わります。自己負担の費用は初診料などを除き1本1,000円程度です。

虫歯の範囲が大きい場合

虫歯の範囲が大きい場合
隣の歯と接触している部分が虫歯になっているような場合は、虫歯になっている部分を取り除き、神経に刺激が伝わらないように薬剤を詰めた後、型とかみ合わせを取って一日目の治療を終えます。
二日目に、型から作った金属の詰め物を接着します。虫歯が神経に近い場所にまで進んでいる場合は、型を取る前に一回様子をみますので、治療日数が三日になります。自己負担の費用は初診料などを除き1本約2,000円前後です。

虫歯の範囲がとても大きく神経に達している場合

虫歯の範囲がとても大きく神経に達している場合
虫歯が神経まで達してしまっている場合は神経を取る治療をします。取った後の根の穴を消毒し、詰め物をします。前歯で3回程度、奥歯だと4回以上かかることもあります。

歯の崩壊が大きく神経のあった穴が腐敗している場合

歯の崩壊が大きく神経のあった穴が腐敗している場合
神経が死んでから時間がたち腐敗してしまっている場合は根の穴の消毒に数回かかります。膿が出ている場合などは詰め物をするまで10回近くかかることもあります。

 

親知らずの治療

親知らずの治療当院では、大学病院などの大きな病院に行かなければできなかったような、水平に生えている親知らずの抜歯などの外科的手術も、専門医が当院で対応可能です。入院が必要なケースなどは連携病院を紹介します。

歯周病(歯槽膿漏)の治療

歯周病(歯槽膿漏)の治療歯周病の原因は歯と歯肉の間にある溝に溜まった歯周病菌です。この歯周病菌が歯肉を腫らし、歯周病が進むと、歯を支えている骨を溶かしてしまいます。治療は、溝の深さを測り、溝の中にある歯石や汚れを取り除くことが中心になります。溝が非常に深い場合は手術を行うこともあります。

入れ歯について

歯を抜いたままほうっておく置くと、周りの歯が抜けたスペースに倒れこみ、歯並びが悪くなったり、歯周病の原因になります。また噛む能力が落ちますので、胃にかかる負担が増えるなど、体に及ぼす影響も少なくありません。 当院ではなくなった歯の部分を補う治療として、(1)入れ歯、(2)ブリッジ、(3)インプラントを行っています。

入れ歯について

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME