メニュー

2019年9月号

[2019.09.09]

こんにちは、院長の藤原です。9月は暦の上では秋ですが、まだまだ暑い日がしばらく続きそうだとの予報が出ています。ビールの美味しい時期は続きます。毎年この時期になると、夏休みの宿題を必死でやっている夢を見るのですが、いったい何歳になったら見なくなるのでしょうか。

さて、今月20日にラグビーW杯が始まります(~11月2日)。今回で9回目となるラグビーW杯(サッカーは昨年のロシア大会が21回でした)ですが、アジアでは初開催、またラグビー伝統国以外での開催も初ということで、日本のラグビーファンにとってはたまらない44日間になりそうです。グループAのわが日本は、9月20日に東京スタジアム(味の素スタジアム)でロシアと、28日に静岡県袋井市の小笠山総合運動公園エコパスタジアムで欧州王者アイルランドと、10月5日に愛知県豊田市の豊田スタジアムで環太平洋の雄サモアと、13日に横浜国際総合競技場(日産スタジアム)で欧州6強の一角スコットランドと対戦します。日本を率いるのは2016年9月就任したジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)。ニュージーランド(NZ)代表でプレーした後、日本の社会人リーグに所属し、日本代表としても1999年のラグビーW杯に出場。その後指導者となり2011年より世界最高峰リーグであるスーパーラグビーのハイランダーズのヘッドコーチに就任し、2015年には優勝も経験しています。

NZ代表と言えば、そうオールブラックスですよね。今回優勝すればW杯3連覇。黒いジャージが印象的ですが、特徴的なのはなんといっても試合前のあの踊り「ハカ(Haka)」。オセアニア地域の先住民族は戦いの前に戦意高揚や相手を威嚇するため「ウォークライ(WarCry戦いの叫び)」を踊るのですが、NZ先住民族マオリ族のウォークライが「ハカ」。NZでは、子供の頃からハカを覚え、結婚式、お葬式、歓迎式など特別な行事の際に披露するのだそうです。日本のエールみたいな感じでしょうか。

バブルの頃、C製薬のCMで「頑張って、頑張って…」と真似をするやつがありました(YouTube参照)が、本物はマオリ語で「Ka mate、Ka mate(「私は死ぬ」の意)…」と言っているんだとか。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME