メニュー

2018年11月号

[2018.11.13]

こんにちは、院長の藤原です。吹く風にも、そろそろ本格的な寒さが感じられるようになり、外出の際はコートが欲しい季節になってきました。さて、今月は「文化の日」「勤労感謝の日」と二日祝日がありますが、これらの祝日、以前は違う名称だったというのをご存知でしょうか。年配の方には常識?
11月3日は戦前「明治節」という明治天皇の誕生日を祝う祝日でした。戦後アメリカは日本人の心の中に残っている天皇陛下への崇拝の念を払しょくするため、天皇に関係すると思われる祝日や祭日を廃止するのですが、「明治節」もその一環で廃止となりました。しかし、日本人いや日本政府は「明治節」を残したい! そこで目を付けたのが、この日がたまたま日本国憲法の公布日だったということです。5月3日は憲法が施行された日として祝日になっていますが、11月3日もそれに先駆けて憲法が制定されたのを国民に知らせるための祝日ということにしたらどうか、と考えたのです。表面上、新しい憲法と日本の永久的な平和を願って生まれた祝日なんだとして「文化の日」という名称を付け、結局「明治節」を残すことに成功しました。めでたしめでたしですが、これで終わったわけではありません。何と現在も「文化の日」を「明治の日」に名前を変えようという動きが根強くあるとか。「昭和の日」はうまくいきましたが…
また11月23日「勤労感謝の日」も「文化の日」と似た部分があり、もともと「新嘗祭(にいなめさい・しんじょうさい)」と言う祭日でした。『天皇陛下が自らその年の五穀収穫を食べ、翌年の豊穣を祈願するとともに神様に感謝する』という、たいへん格式の高い収穫祭だったそうですが、こちらも戦後天皇家の影響力を抑えようとしたアメリカ軍の意図があり、名称は変更され「勤労感謝の日」となったそうです。
日本歯科医師会は1993年(平成5年)より、11月8日を「いい歯」の語呂合わせでPR重点日の一つとして設定し、この日に合わせて国民へのさまざまな歯科保健啓発活動を行っています。その一つが1993年から続く、「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」の表彰。今年2018の受賞者は、俳優の桐谷健太さんと女優の浜辺美波さんでした。この浜辺美波さん、「東宝シンデレラオーディション」応募当時の志望は女優ではなく歯科医だったそうです。今でもぜんぜん遅くありませんよ!

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME