メニュー

2016年3月号

[2016.03.01]

こんにちは、院長の藤原です。今月の話題といえばなんと言っても26日に開業する北海道新幹線でしょう。これまで新幹線の最北端は「新青森駅」でしたが、このルートがさらに水面下240mの海底にある青函トンネルを通り「新函館北斗駅」(現「渡島大野駅」)まで延長されます。日本の鉄道技術は世界からも高く評価されているところですが、北海道は冬の気候条件が厳しく、さらに在来線と貨物列車が線路を共用で使うことも多いため、北海道に新幹線を走らせるというのはとても難しい構想だったという話を聞くと、ますます一度乗ってみたくなります。が、先月26日に発売された新函館北斗発東京行きの上り一番列車「はやぶさ10号」の指定席は約25秒で完売しました。

車体は外観・内装とも北海道ならではのこだわりがあります。ピンクラインの東北新幹線に対し北海道新幹線はラベンダーのような薄紫のライン。また、北海道の形と北海道に飛来するシロハヤブサをモチーフにしたロゴマークが車両側面についています。そして、車内の床やカーペットは雪の結晶や流氷の海がデザインされているそうです。

昨年は北陸新幹線、今年は北海道新幹線に注目が集まる中、全国に目を向ければ、九州新幹線では2022年頃の開通を目指して、新鳥栖から長崎を結ぶルートの工事が始まりました。2027年には東京大阪を1時間で結んでしまうというリニアモーターカーも開業。そして2030年頃にはついに北海道新幹線が札幌まで開通し、東京と札幌が5時間程度で結ばれるそうなんですが、はたして乗ることができるでしょうか?

さて発表された北海道新幹線の時刻表を見ると、東京発の下りでで一番早いのは6:32発。10:58には新函館北斗に着きます。連絡している「はこだてライナー」に乗り11:25函館到着。遅い朝市に間に合うかもしれません。その日のうちに函館に着けて一番遅いのは19:20発。23:33に新函館北斗着で、乗り継いで0:05に函館着です。札幌に行く場合はどうでしょう。15:20東京発に乗れば19:50に新函館北斗着。20:14発の「特急スーパー北斗23号」で23:40に札幌に到着。8時間20分か… まあ函館に1泊ですよね!

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME